>
スタッフヴォイス

スタッフヴォイス

 

先輩職員からのメッセージ

  就職活動中の皆さまへ、京都厚生園で働く先輩職員からのメッセージをご紹介します。

 

  KSE's HEROINE...藤村 由香(京都厚生園デイサービスセンター)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  中学生の頃に、職場体験でデイサービスセンターへ行かせていただき、たくさんの笑顔や「ありがとう」が飛び交う職場で私も働いてみたいなと思ったことがきっかけでした。
当園に入職を決めた理由は?
  見学をさせていただいた際に、職員のみなさんが笑顔で挨拶をしてくださり、気持のよい職場だなと感じました。また、園長に最終面接をしていただいた時、「この仕事を誰のためにやるのか」というお話をしていただき、その考え方に共感を覚え、ぜひここで働きたいと思いました。
福祉・介護の仕事を一文字で表すと?
  『支』です。ご利用者の生活を支えさせていただくだけでなく、自分自身もご利用者の言葉や笑顔に支えられています。お互いに支え、また、支えられながら生きていることを感じることのできる仕事だと思います。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  人と人とのつながりや、支えあいが大切であることを実感できる仕事だと思います。日々、どうしたらこの方が、よりその人らしく生活できるのかをチームで考え、取り組んでいくことにとてもやりがいを感じます。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...坂本 佳穂(京都市成逸老人デイサービスセンター)


 

あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  レクリエーションで行うゲームを企画するようになると、どうすればもっとご利用者に楽しんでいただけるだろうと考えるようになります。自分が企画したゲームをされている時のご利用者の笑顔や歓声を聞くとやってよかったとやりがいや面白さを感じます。
一番心に残っている出来事は?
  私が休みの次の日に「前の時休んでたなあ。」とご利用者から言っていただいたことがありました。私たちがご利用者の体調や気分を感じとるだけではなく、ご利用者も私たちのことを見てくださっているとわかったときが一番心に残っています。
休日の過ごし方や趣味について
  休日は海外ドラマを見たり、友達と遊びに出かけたりしています。外に出ると刺激もあり気分もリフレッシュできるので散歩をしたりすることも好きです。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  最初の頃は何をしてよいかなど不安もたくさんあると思いますが、ご利用者の今までの経験談や先輩職員の話しを聞くと、そういう考え方もあるんだと自分自身も成長できる仕事だと思っています。是非一度京都厚生園に来てみて下さい。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...中川 篤子(京都厚生園デイサービスセンター)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  前職は製造卸の仕事に携わっていましたが、次は物を作るのではなく、人に接することができる仕事についてみたいと思い、この仕事を選びました。
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  毎日、たくさんのご利用者の方々とお話しします。その時々に皆さんが多くのことを教えてくださいます。「このおかずの作り方は」や「こんな時はこういう風に考えなあかんよ」等、色々助言してくださり、「しんどそうやな、どうしたんや」「頑張りや」等の励ましの言葉をいただいたり、自分では気が付かなかったことを人生の先輩であるご利用者の方々が気付かせてくださったりします。
福祉・介護の仕事を一文字で表すと?
  『和』という文字です。
柔軟で柔らかく、人を和ませたり、また自分も和めたり、忙しい仕事ではあるのですが、人を和ますことができるのは、人であると思います。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  体力面も精神面もハードな仕事だと思います。だからこそ、仲間との助け合い、支え合いが必要であり、助けられている、支えられていることが感じられる仕事でもあります。
人と接する仕事であり、日々学ぶことが多く、自分自身を高めることができます。
 

 

 

 

  KSE's HERO...板倉 宣之(京都厚生園デイサービスセンター)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  小さい頃から近隣のお年寄りの方と接する機会が多くあり、高齢者の方のお手伝いができたらと思い、興味を持ち始めたことがきっかけです。
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  現在、デイサービスで勤務しています。毎日来られる方が違うため、1日1日が新鮮に感じられます。お一人おひとりの状態の変化などを知りながら、デイサービスがご利用者の生活の一部として一緒に過ごせていることが楽しく感じられます。
一番心に残っている出来事は?
  入職して、2、3か月した時にご利用者から苗字ではなく名前で呼ばれた時が心に残っています。それまで苗字では呼ばれていましたが、初めて名前で呼んでいただいたので、そのご利用者と距離が更に縮まったのだなと感じました。今でも呼んでいただいたご利用者の顔と名前は覚えています。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  人と人との関わりが強く感じられる業界です。ご利用者の喜びを一緒に喜びながら働ける場で共に頑張りましょう。

 

 

 

  KSE's HEROINE...稲垣 裕子(京都厚生園山田の家)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  約30年前の大昔、働いていた大病院の総婦長の指示で、当園の看護職のお手伝いをさせていただいたのがきっかけで、福祉・介護の道に入りました。
当園に入職を決めた理由は?
  大病院にはないアットホームな雰囲気と医療の知識や技術を活かし、ご利用者の生活に関われることに魅力を感じ、今も京都厚生園で働いています。
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  自分一人の力は微々たるもので何もできませんが、職種の垣根を越えたチームで力を合わせ、ご利用者の生活を支えるお手伝いをさせていただけることです。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  嬉しいこと楽しいこと悲しいこと苦しいことの連続ですが、自分をとても成長させてくれる仕事だと思います。高齢者福祉…いつか自分も通る道。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...佐竹 麻記子(京都厚生園山田の家)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  看護師をしている母の影響もあり、ずっと医療や福祉には興味があったと思います。そして、認知症になった祖母との関わりを通して高齢者福祉の仕事を志すようになりました。
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  最初は緊張されていたご利用者が少しずつ心を開き笑顔をたくさん見せて下さるようになると、デイサービスがご利用者にとって居場所となっていることを実感し、とてもやりがいを感じます。笑顔を見ると私も明るい気持ちになり、いつも元気をもらっています。
休日の過ごし方や趣味について
  映画が好きなのでDVDを借りて1日に数本見ることもあります。インドア派ですが夜は友達と外食し、おいしいお酒を飲みながらおいしいご飯を食べることが幸せです。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  人の役に立つことや高齢者と関わることが好きな方であれば、きっとやりがいを見つけることができると思います。一人でも多くの人がこの仕事に興味を持ち、一緒に働ける日を楽しみにしています。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...長田 由里子(京都市西京区地域介護予防推進センター)

 


 

当園に入職を決めた理由は?
  ご利用者の笑顔と職員の挨拶
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  日々勉強。ご利用者の笑顔と次につながる内容である事
休日の過ごし方や趣味について
  おいしい物を食べる。旅行。とにかくきりかえリフレッシュ
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  自分の目指す事からやりがいが生まれます。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...千賀 有子(京都厚生園山田の家)

 


 

あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  不安そうな堅い表情で来所されたご利用者が、お話を聞かせて下さったりお世話させて頂いたりしていると、だんだん明るい表情になられ「今日ありがとう」と帰って行かれる時、安堵とともにやりがいも感じます。
一番心に残っている出来事は?
  出来事ではありませんが、ご利用者から教えて頂き心に残している言葉があります。「朝に希望、昼に努力、夜に感謝」という言葉です。とてもステキな生き方だと思います。
福祉・介護の仕事を一文字で表すと?
  『笑』
一文字では難しいですが、ご利用者の笑顔は私達にとって一番幸せな時だと思います。ご利用者も笑顔・職員も笑顔。「笑」は健康です。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  介護の仕事を「大変」と思えば大変、「面白い」と思うと面白い。心をプラスに向けて下さい。介護の仕事をしたいと思って下さる仲間が増える事はとても嬉しい事です。あなたの優しい笑顔でご利用者を笑顔にしてさしあげて下さい。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...岡嶋 雪(京都厚生園デイサービスセンター)

 


 

あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  この仕事は日常生活を送る上でのお手伝いをするので、ご利用者と触れ合っている時や、「ありがとう」と言っていただいた時にやりがいを感じます。
一番心に残っている出来事は?
  私が体調を崩して休んでいた時期がありました。仕事に復帰した時、複数のご利用者から「大丈夫?辞めたかと思っていた」と悲しい顔をされ、自分のことを心配して下さっているのだと思い、人の暖かさを知りました。
休日の過ごし方や趣味について
  休日は友達と買い物や映画を観に行ったりしています。ランニングをしたりジムへ行ったりして汗を流すことも好きです。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  人と接する仕事なので、変化に気づくことが大切だと思います。体力は必要ですが「ありがとう」と感謝の言葉を直接聞くことができ、とてもやりがいがある仕事です。
 

 

 

 

  KSE's HEROINE...池内 美希(京都厚生園松尾の家)

 


 

福祉・介護の仕事を選んだきっかけは
  母の足の状態が悪くなり、杖を使用して歩行する母の姿を見て、将来自分の手で母の介護をしたいと思うようになり、高齢者福祉の仕事に興味を持ちました。
あなたの感じている仕事のやりがい・面白さ
  ご利用者の笑顔が見れた時や、ご利用者とのかかわりの中で「ありがとう」と言う言葉を受けた時に人の役に立てていると実感することができやりがいを感じます。
一番心に残っている出来事は?
  入職し、1年が経過しようとしていますが、最初はご利用者とのコミュニケーションに戸惑い、関係性を築くまで時間がかかりましたが、「~さん」と名前を呼んで下さり、自分に対し心を開いて下さったと感じたときは嬉しく、今でも忘れられません。
これから福祉業界での就職を目指す方へのメッセージ
  大変な仕事ととらえられがちですがとてもやりがいのある仕事です。
常に目標を持ち仕事に取り組む事で自分の成長にも繋がり、辛い事もありますがご利用者の笑顔を見ると頑張ろうという気持ちになります。
高齢者の方にとってよりよい生活を送って頂く為に丁寧な介護を目指し頑張りましょう。
 

 

 

▲ このページの先頭へ